今宮神社

風格を感じさせる南門

 今宮神社は、本社には大己貴命(おおなむちのみこと)・事代主命(ことしろぬしのみこと)・奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、疫神社には素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀っていて紫野神社とも言います。
 正暦5年(994)平安京で疫病が流行り、これを鎮めるため御霊会がおこなわれ、船岡山に創建された疫病鎮護の神社が起こりと伝えられ、疫神を鎮める神社として信仰を集めました。
 その後、今の地に移り今宮神社となりました。社殿の多くは明治時代の再建ですが、古式の風格を感じさせます。

 御霊会を現代に伝えて毎年行われる「やすらい祭り」は疫病除けの祭で、行列の花傘の下に入ると病気にかからないといわれています。またこの祭りは、太秦の牛祭・鞍馬の火祭 とともに京都三奇祭の一つになっています。

 境内には手のひらで軽く三度叩いて持ち上げると重くなり、次に願いを込めて三度撫でて持ち上げ、軽くなると願いがかなうという「阿呆賢(あほけん)さん」と呼ばれる石があります。

 今宮神社東門を出た所には、門前に並ぶ和菓子屋さんが有名で、名物「あぶり餅」を売る軒のれんの店が向かい合い、江戸時代の社頭風景の名残を思わせてくれます。
 「あぶり餅」とは、きな粉をまぶした小さなお餅を、竹串に刺して炭火であぶった後、白味噌の甘だれをかけた餅菓子です。
 いずれのお店も日本で最も古い和菓子屋と言われており、過去に疫病が蔓延した際には、「あぶり餅」を人々に振舞ったとも言われています。
 あぶり餅に使われている竹串には、今宮神社に奉納された斎串(いぐし)をもちい、病気平癒や厄除けの御利益があると伝えられています。

 今宮神社は明治29年本社殿を焼失しましたが、同35年に再建し西陣をはじめ多くの人々の崇敬を集めています。
 織物の神を祀る織姫社など摂社・末社も多 く、11月11日、この日は毎年「西陣の日」として、織姫社にて式典が行われています。旧暦の七夕の頃(8月)には「七夕祭」が催されます。
 織姫社は、江戸時代に西陣の機織家が、堀川の東西に織物の神としてまつられていた女神を、おまつりしたものであるといわれています。

拝殿
本殿
織姫社

年間行事

 

4月第2日曜日

やすらい祭

5月5日

今宮祭神幸祭

5月第2(3)日曜日

今宮祭還幸祭

10月8日

例大祭前夜祭(御神楽奉納)

10月9日

例大祭(東遊奉納)

 

●住所

京都市北区紫野今宮町21

●電話番号

075-491-0082

 

マップに戻る

西陣 くらしの美術館 冨田屋